「今夜がトロピカル」MVできました♡

今日は休みだ FEAT. 田我流 / SPECIAL SPECIAL FEAT. ASUKA ANDO

 

田我流、Asuka Andoを迎えた新曲をカップリングし待望の7"リリース!!

ミックスCD『Special Special』に収録されていた新曲2曲がカップリングされ待望の7"化。

Yuki Horimotoが描くアートワークも素晴らしい1枚です。

名曲「ゆれる」以来の共演となる田我流を迎えた「今日は休みだ」は、

軽快でジャジーなトラックに、ある休日の1人遊びをユーモアと哀愁をふんだんに盛り込みながらメロウに綴った普遍的探検のテーマ曲。 Asuka Andoをフィーチャーしたカップリングの"Special Special"は、軽やかで煌びやかなトラックに、口笛のメロディーと優しい歌声が溶け込み日常の素晴らしさをキラキラと輝かせる1曲。共に最高なカップリング7"!!

 

です!!

 

SIDE A:
今日は休みだ FEAT. 田我流
SIDE B:
SPECIAL SPECIAL FEAT. ASUKA ANDO

Artist:EVISBEATS
Label:AMIDA (JPN)
Format: 7"
CatNo.:AMR201702

 

 

  • 2017.02.24 Friday

ふゆのおわり / Sleep in dub

季節変わりの戸惑い描く、切なラヴァーズ「ふゆのおわり」

asuka andoの新作は、満たせないこころの隙間、その戸惑いを描く、ラヴァーズ・チューン「ふゆのおわり」。冬の北風が最後に残したのはひとひらの予感。季節変わりは、こころに埋まらない、甘く切ない戸惑いをもたらした。でも、人は、ほんとのことにいまきづいても、この季節の終わりまで、その終わりまで、いまを伸ばす──テン年代のジャパニーズ・ラヴァーズ・レゲエのマスターピース、メロウすぎるにもほどがある2015年のファースト・アルバム『mellowmoood』、そして2016年、切なメロウな「かなしいほんと」とニヤつき系ダンスホールなパーティ賛歌「今夜はトロピカル」に続く7インチ第3弾。穏やかな小春日和、日常を切り取るほっこりなラヴァーズ・ロック。プロデュースは、彼女のアコースティック・ライヴなどでもおなじみのギターリスト、松本”ARI”龍一。



バックを務めるのは、今夏もライヴ・バンドとして各地をasuka andoとともに駆け巡った、ドラマーに大石幸司(LITTLE TEMPO)、ベースにMAH(GREEN MASSIVE)、ギターは松本”ARI”龍一、キーボードは、Hatayoung(FRISCO)と、名曲「かなしいほんと」と同じ布陣。今回はちらりちらりとasuka andoも鉄琴を披露しております。レコーディングは内田伸弥による横浜の一軒家スタジオ、内田音響研究所。そしてB面はBim One Produciton / Rub-A- Dub Marketのサウンドの要、そしてエンジニアとしても様々なアーティストに腕を振るうe-muraによるトリッキーなダブ。そしてジャケットは、大阪のナイスすぎる湯加減を絵の具に封印する天才、2yangが描く。河村祐介氏(OTOTOY)

 

SIDE A:
ふゆのおわり
SIDE B:
Sleep in dub

Artist: asuka ando
Title: 今夜がトロピカル
Label:Gardenia Garden (JPN)
Format: 7"
Price: 1,500円(税抜き)
CatNo.:GDG-006

 

配信→

 

OTOTOY

http://ototoy.jp/_/default/p/69841

 

mellowmoood shop

http://mellowmoood.theshop.jp/

 

◎soundcloud

https://soundcloud.com/mellowmoood/fuyuno-sample

  • 2017.02.01 Wednesday

今夜がトロピカル / トロピカルダブ

これまでしっとりとラヴァーズ・ロック・レゲエを歌いあげてきた asuka andoの新機軸で、来ちゃった。今回はラヴァーズじゃない〜の ! “ひとりで帰りたくない”深夜のClub DA DAっ子、asuka andoの“ニヤつき系ダンスホール”、「今夜がトロピカル」の 登場。

 



「今夜は最高!」な一幕を歌って、しかも、トロトロ、トロピカル だっつうんだから、来年の夏も先割気味で約束済みってことですか ね。でさ、トロピカル気分ってなにって感じですが、あれですよ、 ダンスフロアで楽しいと、思い出し笑い気味に「ニヤっ」ってなる でしょ? アレですよ、セクシーなお姉さんも楽しいとそういう感じでニヤっ てするじゃん、たぶんアレで、今夜はMOVE YOUR BODY!ってことなの。で、そういえばあの子、ひとりで帰ったのかしら?

ほろ酔い気分でふわりなasuka andoの歌声で鳴り響くリディムは、名門スタワンのファデーシ ョン“Heavenless”使い。キーボード / ミックス、外池満広、ドラム、Yaggy(Tuff Session)、ギター&ベースにはおなじみ、ARI、そして トロトロのトロピカル気分を否が応でもでそそり勃たせるスティールパンは、土生TICO剛 (LITTLE TEMPO)。そのサウンドは、80S初期ダンスホール好きには たまらん存在感──外池満広によるKunitachi Dub Laboratory秘蔵の機材たちが鳴り響く──音色チップ、 ひとつひとつを集めて完成されるという、伝説のシンセドラム、シモンズドラムをはじめ、当時のヴィンテージ・エフェクトやマイク、シンセサイザーが存在感バリバリに、深夜のひと時を演出します。外池満広によるダブ・ミックスにも大活躍。マスタリングは、 e-mura、そしてジャケットは、NONCHELEEEとこれ また最KOOL高な布陣でお送りしますとのことです。 (河村祐介/OTOTOY)

 

MVも作りました♡

 

SIDE A:
今夜がトロピカル
SIDE B:
トロピカルダブ

Artist: asuka ando
Title: 今夜がトロピカル
Label:Gardenia Garden (JPN)
Format: 7"
Price: 1,500円(税抜き)
CatNo.:GDG-005

 

配信→

OTOTOY

http://ototoy.jp/_/default/p/66636

 

mellowmoood shop

http://mellowmoood.theshop.jp/

 

  • 2016.11.24 Thursday

かなしいほんと

ほろ苦、切なメロウなアーバン・ラヴァーズ「かなしいほんと」

 

 


ジャパニーズ・ラヴァーズ・レゲエのマスターピース、メロウすぎるにもほどがあるファースト・アルバム『mellowmoood』から約1年、asuka andoの新曲によるニュー・シングルが登場。#7インチ完売娘 のおニューですからとにかく予約or速攻ゲットの方向でぜがひでお願いします。豊かに響く甘い歌声と極上のコーラス・ワークが恋の終わりを告げる、切なメ ロウなラヴァーズ・ロック。プロデュースは、彼女のアコースティック・ライヴなどでもおなじみのギターリスト、松本"ARI"龍一。東京の夜、夜風ととも にすり抜ける、思い出になる直前の、あの人へのあの気持ち。「きっとだいじょうぶ、きっとだいじょうぶ」、ほんとがかなしいから、きっと人は嘘をつくのです。

今回バックを務めるのは、バンド・セット・ライヴでもおなじみの4ピース。ドラマーに大石幸司(LITTLE TEMPO)、ベースにMAH(GREEN MASSIVE)、ギターは松本"ARI"龍一、キーボードは、Hatayoung(FRISCO)。さらに今回はミックス&ダブ・エンジニアに 森俊也が参加で、B面にはダイブワーイズな「だいじょうぶdub」。レコーディングはKON KENの拳POWA STUDIO、マスタリングはe-mura(BIM ONE)と、これまたこの国のレゲエ・コレクティヴのなかから鉄壁の布陣を。(河村祐介 / OTOTOY編集部)

 

MV



2016.7.7.リリース
→dub store のサイトへ


SIDE A:
かなしいほんと
SIDE B:
だいじょうぶdub

Artist: asuka ando
Title: かなしいほんと
Label:Gardenia Garden (JPN)
Format: 7"
Price: 1,500円(税抜き)
CatNo.:GDG-004

 

mellowmoood shop

http://mellowmoood.theshop.jp/

  • 2016.06.10 Friday

ミラーボールの神様 EP


Enjoy Music Clubとasuka andoとコラボした新作7インチ!!

都内を中心に活動する7人組ファンク・バンド!!2015年2月にリリースされたmabanuaプロデュースのファースト・アルバム『Weekend Soul Band』以来となるニュー・シングルが登場です。

待望の新作は、2014年にリリースされたデビュー・7インチ 『Time Is Over』のBサイドに収録されていたライブ大定番のダンス・ナンバー「ミラーボールの神様」の2016年版ニュー・ヴァージョン!! AサイドにはEnjoy Music Clubをフィーチャーしたポップでファンキーなパーティー・ディスコ・ラップver、Bサイドにはasuka andoをフィーチャーした甘くメロウなラヴァーズ・ロック・レゲエverを収録。どちらも本作のみのエクスクルーシヴverとなっております。

(JET SET websiteより抜粋)

SIDE A:
EMCと思い出野郎 / ミラーボールの神様 (smooth rap)
SIDE B:
思い出野郎Aチーム with asuka ando / ミラーボールの神様 (lovers rock)

Artist: 思い出野郎Aチーム
Title: ミラーボールの神様 EP
Label:FELICITY (JPN)
Format: 7"
Price: -
CatNo.:PEKF91012

  • 2016.05.31 Tuesday

Sha la la / 愛のさざなみ



7インチ・リリースも絶好調のレゲエ・シンガー、asuka andoが井の頭レンジャーズをバックにサザンのクリスマス・ソング大定番曲をレゲエ・カヴァー。Bサイドの「愛のさざなみ」カヴァーも素晴らしいです!!

Aサイドには、サザンオールスターズによる1980年の名曲「シャ・ラ・ラ」、Bサイドには、1968年リリースの島倉千代子によるオールディーズ歌謡「愛のさざなみ」(なかにし礼・作詞/浜口庫之助・作曲)のカヴァーを収録。いずれの楽曲も、井の頭レンジャーズによるタイトかつルーディーな演奏をバックに、asuka andoが男女の切ない恋愛模様をメロウにしっとりと歌い上げた、エレガントなロックステディー・ナンバーとなっています!オリジナルバージョン+RYOTA O.P.Pによるダブリミックスを収録したダウンロード・コード付きです。

(JET SET websiteより抜粋)

SIDE A:
シャ・ラ・ラ
SIDE B:
愛のさざなみ

Artist: asuka andoと井の頭レンジャーズ
Title: シャ・ラ・ラ / 愛のさざなみ
Label:PARK TONE (JPN)
Format: 7"
Price: -
CatNo.:PARK1007
  • 2016.05.31 Tuesday

ウラハラ/dub


スカドラマー( ミュールトレイン / ザ ・ サイドバーンズ ) であり、 ジャマイカンビンテージセレクターでもあるTOP DOCA ( トップ ドカ ) が 「ジャマイカンオールディーズの名曲を日本語でカバー」 をコンセプトに自身の新レーベル 『こだまレコード』を立ち上げ、 スウィート ・ヴォイスで魅了するシンガー 『アスカ』を起用したレーベル第一弾をリリース。1970 年代のジャマイカで数多くの曲がリリースされるも埋もれていってしまった名曲、『Naomi/Keeping The Faith』を日本語カバー!
(Reggaerecord.comより)

SIDE A:
ウラハラ
SIDE B:
Dub

Artist: アスカ
Producer:TOP DOCA
Title: ウラハラ / Dub
Label:こだまレコード
Format: 7"
Price: ¥1,296
CatNo.:KR001
  • 2015.11.14 Saturday

月下美人 / くすりをたくさん


B面は、なんと大貫妙子「くすりをたくさん」のラヴァース・レゲエ・カヴァー!
4月に発売されたファースト・アルバム『mellowmoood』からの第2弾7インチ・カット。A面はライヴ定番のメロウ・ナンバー「月下美人」で、LITTLE TEMPOのリズム部隊LITTLE TEMPO RIDDIM SECTIONがバックアップしています!

そのスウィートな歌声で、ポップ・ミュージックとレゲエ・シーンを繋ぐ才能と期待を集めている女性シンガー、asuka ando。即完売となったアルバムの先行7インチ 『ゆめで逢いましょう (SEE YOU IN MY DREAMS)』に勝るとも劣らぬ人気を呼びそうな本作。まずはB面に収録されたカヴァー曲に注目です。
大貫妙子の『SUNSHOWER』('77年)に収録された大名曲「くすりをたくさん」をラヴァース・レゲエに、というアイディアだけでも勝ちなのですが、肝ともいうべき件のフルート・パートを担当した西内徹を筆頭に、各パートのアレンジも洒脱かつグルーヴィーに収まった素晴らしい完成度!asuka andoの歌声も、まるで彼女自身の楽曲であったかと錯覚するほどにハマっています。
A面は、和物好きにはたまらない歌謡感のある節回しと歌詞が魅力のオリジナル・バラード「月下美人」。鍵盤はHatayoung (FRISCO)、リズム隊にLITTLE TEMPOという布陣で録音された、エレガントなロックステディー・ナンバーとなっています。
(JET SETコメントより)

SIDE A:
月下美人
SIDE B:
くすりをたくさん

Artwork:COM(DANGKANG)

Artist: asuka ando
Title: jiri jiri (dry&steady mix) / jiri jiri (Cumulonimbus Dub)
Label:VYBE MUSIC / JET SET
Format: 7"
Price: ¥1,404
CatNo.:JS7S106
  • 2015.09.13 Sunday

jiri jiri (dry & steady mix) / jiri jiri (Cumulonimbus Dub)



2011年に自主制作でリリースしたmini album[dream of you]から
jazzy sport独占で幻となったシングルカット[jiri jiri]を
dubwiser JAGABEにより新たにmixを施し7inch にてリリース決定!

両面ともnew mixなので、前作をお持ちの方もたのしんでいただける内容に◎

SIDE A:
jiri jiri (dry & steady mix)
SIDE B:
jiri jiri (cumulonimbus Dub)

dubwise: Jagabe(Reggaelation IndependAnce/Jaga's HiFi)
mastering: e-mura(mura-sta)
Artwork:Atsushi Harada

Artist: asuka ando
Title: jiri jiri (dry&steady mix) / jiri jiri (Cumulonimbus Dub)
Label:Gardenia Garden (JPN)
Format: 7"
Price: ¥1,404
CatNo.:GDG-003
 
  • 2015.08.03 Monday

mellowmoood



ゲストの多彩さからも読み取れる独特の愛されキャラクターから成立した楽曲とヴォーカルが存分に堪能できる全13曲1stフルアルバム!

メロウなムードまとうスウィート・ヴォイスで魅了するシンガー、asuka andoのファースト・フル・アルバム。ギタリストARIとの2人きりアコースティック・セットを始め、ライブごとに多彩なミュージシャンを迎える変則バンド編成などで、多くのセッションを重ねてきた軌跡が作品に結実した説得力のある内容。鍵盤奏者、エマーソン北村がまろやかな旋律を奏でるラヴァーズ・チューン「ゆめで逢いましょう-see you in my dreams-」、西内徹の泣きのフルートが効いたシティ・ポップ×ロック・ステディの夢の邂逅「くすりをたくさん」(大貫妙子のカヴァー)など、タフでラフなミュージシャン勢によるロマンチックなリディムが満載。スキットには、ジャムバンドCro-magnonのキーボーディスト金子巧が参加、ほんのりダビーなラヴァーズ・ロック「baby my love(extended ver.)」(THE IN CROWDのカヴァー)には、大阪屈指のラガDeeJay、BUN BUN the MCが参加するなど、聞き応えたっぷり。そしてなによりの魅力は、主役のリリックとヴォーカル。黄昏の空のような日常のキュンとした感情を拾い集め、ゆるやかな言葉で紡ぐリリック、韻を意識した耳心地のいいフレーズ、とろりと体と心を満たすメロウな歌声。ゆらゆら揺れる恋の儚い余韻、しなやかにたゆたう歌声の甘い余韻、オトナ乙女のドリーミーな世界へ誘う豊潤なラヴァーズ・アルバムです。コアなロックステディ、ラヴァーズファンはもちろん、レゲエに馴染みの薄いポップス嗜好リスナーにも必ずや届く珠玉の作品が誕生!

岡部徳枝(ライター)

1. darlin'(intro)
2. ゆめで逢いましょう〜see you in my dreams〜
3. 月下美人
4. TROPICAL DISTANCE
5. BABY MY LOVE(extended "coffee break"version)
6. 煙の中のマーメイド
7. in your pocket(skit)
8. くすりをたくさん
9. とにかく
10. いいのに!
11. ロマンティックあげるよ
12.宝物
13.everybody lovers the...(outro)

◆参加ミュージシャン◆
・エマーソン北村・大石 幸司(LITTLE TEMPO/川上つよしと彼のムードメイカーズ)・金子 巧(cro-magnon)・佐々木 育真(LITTLE TEMPO)・SEIJI BIGBIRD(LITTLE TEMPO)・西内 徹・北村 哲・MAH(光風&GREEN MASSIVE)・Yaggy(TUFF SESSION/Reggaelation IndependAnce)・松本’ARI’龍一(Reggaelation IndependAnce)・yui nakazawa(TUFF SESSION)・林 もえ子(Kidlat)・糠信 晋吾(Mighty Caskets)・平野 良周(THE DESCRIPTIONS)・妹尾”YoshiBoy”吉寿(THE JAPONICANS)・HIROKING (HOMARE) ・DUBMIX:Jagabe(Reggaelation IndependAnce)

Artwork:COM(DANGKANG)

Artist: ASUKA ANDO 
Title: MELLOWMOOOD 
Label:VYBE MUSIC (JPN) 
Format: CD 
Release: 2015-04-08 
Price: ¥2,484 
CatNo.:VBCD0076
  ☆コメント頂いております♡随時追加中☆

夜の東京のサウンドトラックとして思い浮かぶ歌は、きっと人によって違うだろう。たとえば「ECDのロンリーガール」。たとえば「ナイト・クルージング」。たとえば「蒼氓」。ここに収められているのもそんな歌だ。地下のクラブで仲間たちと大笑いしながら、その傍らでふと感じる寂しさや誰かに対する愛おしさをasuka andoは歌っている。忘れられないあの夜の記憶や、長い間会っていない彼や彼女のこと、最高の予感しかないこの週末のこと。聴いているうちにいろんな思いが脳裏をよぎって、胸がギュッと締め付けられた。

大石始(ライター/エディター)

歌とトラックの距離がね、とても近いんですよ。
それはもちろん歌の良さもあるけど、歌詞、サウンド、ひいては自分の中での音楽の位置が、とても良く見えているからじゃないかな。クレバーだけどエモーショナル。歌詞の通り「かなうことのない未来変わるかも」と思える音楽です。

エマーソン北村

ふんわりズッシリ極上ラヴァーズ。楽しそうなレコーディング風景が目に浮かびました。とにかくこれは宝物。まさにゆめで逢いたい煙の中のマーメイド。

下田法晴(SILENT POETS)

7インチ・シングルでリリースされた前作「jiri jiri」に続くジャパニーズ・レゲエ・シーンの新たなるMUSE、asuka ando待望の1st フルアルバム『mellowmood』!
それはクラブやソーシャル等を小道具に2015年現在の東京を舞台にした甘く切ない恋愛模様を、asukaちゃんの恋愛体質全開な等身大のリリックとスウィート&メロウな歌声で紡いでいく煌びやかな愛のTAPESTRY(つづれおり)!バックを務めるミュージシャンたちもLITTLE TEMPO、TUFF SESSION、REGGAE DISCO ROCKERS、FRISCO等のメンバーを始め日本のダブ/レゲエ・シーンからバレアリックなクラブ・シーンまでをも網羅した素晴らしいミュージシャンたちが集結し、UKラヴァーズは言うまでもなくルーツロック・レゲエやロックステディ等往年のビッグチューンへのオマージュ感溢れる素晴らしい演奏を聞かせてくれる。個人的には先行7インチとしてカットされた『ゆめで逢いましょう〜see you in my dreams』、ジャネット・ケイの『LOVIN’YOU』を彷彿させるUKラヴァーズ・フレイヴァー炸裂のドリーミーなトラックに乗せたasukaちゃんの結ばれない大人の恋のジレンマを描き出す甘い吐息にも似た歌声にハートを鷲掴みにされました(笑)。さらに絶賛7インチ化希望!フロアーで重宝しそうなカヴァー2曲、まずはIN CROWDのフィル・カレンダーによるキラー・チューン『BABY MY LOVE』の絶品カヴァー!加えてドクター・バザーズ・オリジナル・サヴァンナ・バンドあたりの雰囲気も感じる軽快なロックステディ・チューンに仕上がっている大貫妙子の『くすりをたくさん』!そしてラブ・ソングとも今の時代感を反映したコンシャスなメッセージ・ソングとも解釈出来る異色のルーツ・ロック・チューン『いいのに』などなど聴きどころ満載の多彩な13トラック収録!
まさに現在進行形なジャパニーズ・シティ・ラヴァーズのマスターピースがここに登場したのだ!

薮下”YABBY”晃正(RELAXINʼ WITH LOVERS)

この国の達人たちをまさにその声で集めて演奏して、レゲエ・オヤジもオバサンも、ボーイズ&ガールズ、キッズもニヤリとホロリなアルバム、ついに完成、おめでとう! 大人が食べても甘すぎないビーター・スウヰート、子供にゃ、ちょっと苦みがオツなあこがれのシュガー&スパイス。耳に残るは、誰かの姿とあのときの空。さて、いつの空と誰の姿が浮かびます?
それは聴いてのお楽しみ。

河村祐介 (OTOTOY)

音楽を長年愛してきたけれど、胸がキュンとしたのは久しぶりのことです。音楽に恋をすることは、大切な人を想う気持ちと相通じますね。
ずっとずっと一緒にいたくなる。
asuka andoの歌声は恋とレゲエを素敵にさせる。誰しも夢が見たいもの、ときめきが欲しいもの。【mellowmoood】はそんな願いを叶えてくれるアルバムなんだ。

磯野カツオ

「ところであの二人、さっきまで踊ってたはずだけど何処いった?」

時にまどろんでみたり、時に溺れてみたり、時に叶わぬ思いが溢れ出したとしてもリズムとベースラインはしっかりキープ、みたいな。asuka andoの音楽が思わせるのは、そんなしなやかでしたたかなオトナの女の恋愛事情。もちろん僕は夢中です。

マイケルJフォクス(DJ)

皆でワイワイ飲んだ帰り道、一人颯爽と夜の街に消えていった彼女の背中は、どこか寂しげで、頼りない、そんな印象だった。
asuka andoのラヴァーズ・ロックは、恋人達を揺らすためだけでなく、数えきれない孤独な夜に向けて解き放たれているような気がした。

松下源(思い出野郎Aチーム)

◆お求めは◆
itunes
amazon
TOWER RECORDS
HMV
DUB STORE RECORDS
J
ET SET
  • 2015.04.08 Wednesday

| 1/2PAGES | >>

contact me

2015.04.08 1st full album[mellowmoood]out!!!


☆トレーラー公開中☆

mellowmoood / asuka ando
01. darlin'(intro)
02. ゆめで逢いましょう〜see you in my dreams〜
03. 月下美人
04. TROPICAL DISTANCE
05. BABY MY LOVE (Extended “coffee break”version)
06. 煙の中のマーメイド
07. in your pocket(skit)
08. くすりをたくさん
09. とにかく
10. いいのに!
11. ロマンティックあげるよ
12. 宝物
13. everybody loves the...(outro)
品番:VBCD0076
発売日:2015/4/8